カワイピアノ

 

東日本大震災 被災地植樹支援 
チャリティーコンサート2017

東日本大震災 被災地植樹支援 チャリティーコンサート2017

2017年3月11日(土)
開場18:00 開演18:30

出演 ピアノ:松本和将
ヴァイオリン:上里はな子
会場 カワイ名古屋2F 
コンサートサロン「ブーレ」
料金 1,000円 全自由席
《チケット申込はこちら》
お問合せ・
お申し込み先
カワイ名古屋
TEL:052-962-3939 
FAX:052-972-6427

詳しくはこちらをご覧ください。[PDF 1.3MB]

東日本大震災から6年。カワイグループでは、被災地の一日も早い復興を願い、音楽家の皆様と共にチャリティーコンサートを継続的に開催してまいります。
このコンサートの収益は、カワイの森育成会を通じて被災地の防災林再生のための植樹に役立てさせていただきます。

【プログラム】
バッハ:
 主よ、人の望みの喜びよ
クライスラー:
 プレリュードとアレグロ
シューマン:
 トロイメライ
モーツァルト:
 トルコ行進曲
ショパン:
 小犬のワルツ、革命のエチュード、
 
木枯らしのエチュード
サラサーテ:
 ツィゴネルワイゼン

バッハ:
 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ
 第1番ト短調 BWV1001より
 第1楽章 Adagio、第2楽章Fuga.Allegro
フランク:
 ヴァイオリンソナタ イ長調

※曲目・曲順が変更になる場合がございます。


【プロフィール】
松本和将/Kazumasa Matsumoto(ピアノ)
幼い頃よりピアノに目覚め、高校在学中に「ホロヴィッツ国際ピアノコンクール」第3位など、国内外のコンクールで上位入賞。
1998年19歳で「第67回日本音楽コンクール」優勝。併せて増沢賞はじめ、全賞を受賞。2001年ブゾーニ国際ピアノコンクール第4位、2003年エリーザベト王妃国際音楽コンクール第5位入賞。
これまでにプラハ交響楽団、プラハフィル、ベルギー国立オーケストラ、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東京交響楽団、東京フィルなど、多くのオーケストラと共演。2010年より上里はな子、向井航とピアノトリオを結成し、2012年には東京、京都、広島をはじめとする6都市で全国ツアーを行い、2016年には京都フィルとベートーヴェンの三重協奏曲を共演。ソロでは2009年から3年連続のオールショパンプログラム全国ツアーを行い、2016年より「松本和将の世界音楽遺産」と名付けたリサイタルシリーズを開始。
これまでにレコード芸術の特選版を含む17枚のCDをリリース。
東京藝術大学非常勤講師(2008年から2012年)、くらしき作陽大学特任准教授として、後進の指導にもあたっている。
公式HP:http://www.kaz-matsumoto.com
公式ブログ:http://www.kaz-matsumoto.cocolog-nifty.com

【プロフィール】
上里はな子/Hanako Uesato(ヴァイオリン)
2歳よりヴァイオリンを始め、史上二人目となる全日本学生音楽コンクール小学生の部・中学生の部全国第1位、第63回日本音楽コンクール入選、パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第5位、ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール第2位、現在までの日本人唯一の受賞者である。豊橋市の文化振興特別賞を受賞。桐朋女子高校音楽科に首席で入学。ウィーン国立音楽大学のソリストオーディションで優秀賞を獲得し、リサイタルを行う。
8年間ウィーン国立音楽大学で学び、2001年に帰国。帰国後はリサイタルや室内楽等で全国を飛び回るかたわら、後進の指導にも力を入れている。
2010年に松本和将(ピアノ)、向井航(チェロ)とピアノトリオを結成し、2012年には東京、京都、広島などで全国ツアーを行い、2016年は京都フィルとベートーヴェンの三重協奏曲を共演。これまでに、ヴァイオリンを小林武史、小林健治、徳永二男、シモン・ゴールドベルク、ザハール・ブロン、ルッジェーロ・リッチ、ゲルハルト・シュルツの各氏に師事。ソロでは『Tiare』・『Scherzando』・『アニカル・ジブリ集』・『GIFT』の4枚のCDを、トリオでは『チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲‘偉大なる芸術家の思い出に』、2014年6月には松本和将とのデュオアルバム「フランク、グリーグ:ヴァイオリンソナタ」をCD、SARD,アナログレコードで同時リリース、大きな話題となっている。完璧な技術に裏打ちされたその深く美しい音色は、聴衆を魅了し続け、共演者からも高い信頼を得ている。
公式ブログ「日進月歩」 http://yaplog.jp/uesatohanako/

このページのトップへ