011-251-2317

当店からの新着情報、トピックスをご案内いたします。

遠藤郁子 ピアノ公開講座「ショパンの遺言」

遠藤郁子先生によるピアノ公開講座を開催致します。


「ショパンの遺言」

ショパンの祖国、ポーランド、ワルシャワで5年に一度開かれる
ピアニストの登竜門『ショパン国際ピアノ・コンクール』を
題材にしたアニメ「ピアノの森」。

その中で、ヤシンスキ審査委員長の言う、
「ポーランド正統のショパン演奏法」と何か?

ショパン・コンクール出場から55年。
長年、ポーランドの古都クラクフとパリで正統のショパン演奏を取得し、
第14回ショパン・コンクールでは審査員を務めるなど、
60年を越す演奏活動を通じて「作曲家の本質」を考察する
遠藤郁子の講座シリーズです。



<講師>遠藤郁子

巨匠アルントゥール・ルービンシュタイン、ヴラド・ペルルミュテル、
パウル・パドゥラ・スコダ、ロンドン「ディリー・テレグラフ」、人間国宝・金春信高、文化功労者・畑中良輔など芸術界重鎮の諸氏が絶賛する遠藤のピアノの音は、作曲家の音霊(おとだま)を伝える唯一無二のものである。
安宅賞、ショパン国際コンクール特別銀賞、オリフッド音楽祭(ユーゴスラビア)功労賞、日本ショパン協会賞、2010年「ショパン生誕200年記念ブロンズ賞」他受賞多数。
2014年にはデビュー50周年を迎え記念リサイタルを札幌と東京で開催。
2015年にはポーランド共和国の文化功労者として同2000年ショパン国際コンクール審査員、日本ショパン協会理事。
NPOまずるか北海道理事長。遠藤郁子記念音楽館館長。

<受講者>畑中一映
消化器内科医師
「第3回アマチュアのためのショパン国際ピアノコンクール」
(ワルシャワ・ショパン協会主催)入賞。

<内容>
ショパン作品の時代背景と演奏法についてのレクチャー。
プログラム:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
      ポロネーズ第1番嬰ハ短調作品26‐1


<日時>9月7日(土)13:30~15:30

<場所>カワイ札幌コンサートサロン「シュシュ」
    札幌市中央区北3条西1丁目1-1ブリックキューブ1階

<受講料>3,500円(税込)

定員80名

<チケットのお問合せ>

〇カワイ札幌 011‐251‐2317
〇チケットぴあ 0570‐02‐9999(Pコード/161-206)
〇ローソンチケット 0570-000-407
 ※Lコード予約 0570-084-001(Lコード/12472)
〇イープラス http://epuls.jp
〇道新プレイガイド 0570-00-3871
〇札幌市民文流プラザチケットセンター(北1西1)

【ご予約・お問合せ】
オフィス・ワン TEL:011-612-8696


  • [twitterでつぶやく]

PICK UP